topstaffsitemaplink
TOP >> ヨコハマアレコレ >> 横濱開港物語
TOPに戻る
開国前の横浜村は、現在からは全く想像もつかない寂れた寒村でした。江戸時代初期に吉田新田開発(埋め立て)が行われる以前は、現在の関内、伊勢佐木町を含む広大な土地がぽっかりと湾になっており、内海が奥深く入り込んだ入り江として、小さな集落と砂洲、畑があるばかりだったようです。