topstaffsitemaplink
TOP >> ヨコハマアレコレ >> 横濱開港物語
TOPに戻る
開港以前、大岡川は野毛浦と呼ばれるあたりで河口となり海に流れ込んでいました。地名の研究では「ノゲ」は崖を意味することが多いとされ、急な坂から高台に出ると、過去の地形を何となく想像することが出来ます。開港後は、保土ヶ谷宿から横浜への交通の不便さから、野毛の山を切通し、戸部から浅間町にいたる横浜道がつくられました。