topstaffsitemaplink
TOP >> ヨコハマアレコレ >> 横濱開港物語
TOPに戻る
伊勢佐木町、関内は吉田新田開発により埋立てられた土地です。また、現在の横浜スタジアムや中華街一帯も沼であり、開港直前に太田屋新田として開発、整備が行われました。一般に「関内」と呼ばれるこのエリアですが、これは通称であり正式名称ではありません。碁盤の目に整備された町名は、関わった人物や縁起などによって決められたそうです。