topstaffsitemaplink
TOP >> ヨコハマアレコレ >> 横濱開港物語
TOPに戻る
1965年に構想され、1983年に着工されたみなとみらい地区は、横浜駅地区と関内・伊勢佐木町地区に挟まれたエリアを開発することにより、横浜を一体化してしまおうという目的のもとに進められました。もともとは海であったこの地には、造船所や臨港貨物、ふ頭などがあり、その名残がドックヤードガーデンなどにかすかに残されています。