topstaffsitemaplink
TOP >> ヨコハマアレコレ >> 横濱開港物語
TOPに戻る
幕末期の指導者たちに大きな影響を与えた思想家・佐久間象山は、横浜の開港を強く、しかも早くから訴えた人物として知られ、野毛山に顕彰碑が建てられています。象山は横浜の地形が防備上から開港に優れている点を指摘し、幕府の決定を促しました。あまりに先進的で傲慢であったとも伝えられる象山は、横浜開港の五年後、京都の木屋町三条で攘夷派により暗殺され、享年54の生涯を閉じました。→ 参考