topstaffsitemaplink
TOP >> ヨコハマアレコレ >> 横濱開港物語
TOPに戻る
一般におりょうと呼ばれる楢崎龍は、坂本龍馬の死語、苦難の人生を歩んだとされています。一度は土佐の坂本家に身をよせたおりょうですが、その後横須賀へ流れ、神奈川区台町の高級料亭・田中屋で仲居をしていた事が伝えられています。その後、お客であった西村松兵衛と再婚しますが、アルコール依存症であったともいわれる状態で66歳の生涯を終えました。→ 参考